地域包括支援センター看護師求人ランキング

TOP >> 地域包括支援センターFAQ >> 地域包括支援センターの看護師のデメリットは?

地域包括支援センターの看護師のデメリットは?

地域包括支援センターには、必ず社会福祉士と主任ケアマネージャー、そして保健師または経験のある看護師を配置しなければならないことになっています。実際には、保健師よりも経験のある看護師の方が多いと言われています。この3職種が明確に分業しているわけではありませんが、それぞれに得意な分野で仕事するように自然になっています。看護師は地域の高齢者に、介護状態にならないよう支援し、社会福祉士は権利擁護に関する問題に対処し、主任ケアマネージャーは地域のケアマネージャーたちのまとめ役となります。

地域包括支援センターに看護師が就職することのデメリットとして、採用されてからも介護保険や、高齢者、社会福祉制度などについての法令を勉強し続けなければならないということが挙げられます。介護保険制度はそれ自体が複雑な制度ですし、頻繁に改正されます。また、現在では看護師の方が地域包括支援センターに多いというだけであって、この職種は本来的には保健師がなることになっています。センター勤務は公務員と同等の待遇が受けられて、残業が少なく休日もしっかり取れることから、今後競争が激化する恐れがあります。実際に、いったん地域包括支援センターに就職した看護師はなかなか退職しません。つまり空きを待って、そこを狙って就職活動をしなければならないということです。

地域包括支援センターの仕事は、パソコンを使って介護計画書を作成するという事務的な仕事だけでなく、外勤で自動車やバイクなどで利用者宅を訪問しなければならないときもあります。書類の申請や変更のある利用者が大勢いた場合には、毎日外に出なければならないケースもあります。他の看護師のように病院の中だけで完結する仕事ではありません。意外にハードと言う意見が転職者からも寄せられています。毎月書類の締め切りがやってくるので、それに間に合わせながら外勤の仕事もこなさなければならないときもあり、精神的に圧迫されることもあります。

地域包括支援センターに看護師が就職するには、前任の看護師が退職しない限りタイミングが合わないこともありますし、保健師としての知識も必要になることがあります。転職にあたっては、たとえば保健師の資格にチャレンジすることも考慮しておきましょう。保健師は簡単な資格ではありませんが、もし地域包括支援センターでの就職を考えているなら、将来的にも取得を目指した方がいいでしょう。

地域包括支援センターに強い看護師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
ナース人材バンク 無料 全国対応 株式会社エス・エム・エス 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社エス・エム・エス






Copyright (C) 2013-2018 地域包括支援センター看護師求人ランキング All Rights Reserved.