地域包括支援センター看護師求人ランキング

TOP >> 地域包括支援センターFAQ >> 地域包括支援センターの看護師の面接のポイントは?

地域包括支援センターの看護師の面接のポイントは?

地域包括支援センターの看護師採用試験は、試験と面接の2つを実施するセンターがほとんどです。しかし中には面接のみの採用試験を行っているところもあり、それだけ面接は採用に対して重要な意味を持っています。自分の魅力や経験を一番伝えることができる機会なので、試験日までしっかり準備をしておきましょう。

地域包括支援センター看護師の面接のポイントは看護師としての高い技術よりも、どれだけの実務経験を積んだのか、高齢者の看護や介護の経験があるか、施設内だけではなく地域の医療機関と連携できるコミュニケーション能力を持っているかをアピールすることが重要です。地域包括支援センターの看護師は基本的に医療に携わることがないので、そこまで高度な医療技術を必要としないのです。それよりも高齢者の介護サポートや医療機関との連携など、医療現場の経験を活かした幅広い業務に携わることになるので、臨機応変に対応ができるスキルや職場の人と協力して作業を円滑に進めることができるコミュニケーション能力が重要とされます。看護師の試験なので、看護師免許を持っていることは当たり前ですし、地域包括支援センターの採用試験ではそこまで重要視されるものではないようです。

地域包括支援センター看護師の面接のポイントには上記が挙げられますが、面接の基本中の基本として身だしなみを整えること、入退室時のあいさつや質問の返し方などはしっかり押さえておきましょう。相手に伝わりやすい声でハキハキと質問に答える用にし、またメディカル系の採用試験は清潔感や健康的なイメージを大切にしているため、面接前には身だしなみのチェックリスト(爪や頭髪など)を作成しておくことをおすすめします。

病院でも民間企業の採用面接でも、試験日まで面接の練習を欠かさずに行う方もいます。心がけとしては素晴らしいのですが、面接は自分の思ったことを素直に伝え自然体で望むと合格しやすくなるとされています。こう質問されたらこういう返答をする、などテンプレ化しておくよりもその場で素直に考え発言した方が面接官にも気持ちが伝わりやすくなります。面接にはよく聞かれる7つの質問「自己紹介」「これまでの職歴」「志望動機」「転職した理由」「希望の条件」「自己PR」「質疑応答」がありますが、質問を考えすぎても当日混乱してしまうのでこれらの7つ質問くらいを練習するくらいがおすすめです。地域包括支援センター看護師の面接のポイントを意識しすぎず、あくまで自然体を保つよう心がけるとよいでしょう。

地域包括支援センターに強い看護師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
ナース人材バンク 無料 全国対応 株式会社エス・エム・エス 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社エス・エム・エス






Copyright (C) 2013-2018 地域包括支援センター看護師求人ランキング All Rights Reserved.