地域包括支援センター看護師求人ランキング

TOP >> 地域包括支援センターFAQ >> 地域包括支援センターの看護師の残業は?

地域包括支援センターの看護師の残業は?

地域包括支援センターは、2005年よりすべての市区町村に設置されることになり、以来4000ヶ所以上が開設されています。センターを設置する基準があり、高齢者人口が増えるごとに専門三職種と言われる職員を増やしていくことが義務付けられています。専門三職種というのは、保健師もしくは経験のある看護師、社会福祉士、主任ケアマネージャーの3つを指します。設置した分だけこれら3つの職種の人を配置しなければならないので、今後は高齢者の方が増えていくことを考えると、センターの窓口は相当数増やさなければならないと予想されています。センターの3職種のうち、保健師ではなく看護師が配置されるケースが圧倒的に多いと言われており、またどこのセンターでも看護師の採用に苦労しているという報告があります。

地域包括支援センターは、基本的に高齢者の方の総合相談窓口で、看護師が看護業務を直接することは非常に少なく、ほとんどが事務的な仕事になります。地域の高齢者の方に、介護状態にならないよう支援を行っていくことが仕事の目的です。年齢を重ねても、介護の世話にならずに元気にその人らしく過ごせるための支援をすることが主な仕事です。社会福祉士は虐待問題や成年後見人制度などを担当し、主任ケアマネージャーは、地域のケアマネージャーからの相談対応がメインのしごとです。総合相談の窓口となることが多いため、ある程度の経験を必要とします。地域の民生委員や警察などから緊急に連絡が来て、直接本人の様子を見に行って欲しいという要請があった場合には、医学的な知識のある看護師が訪問することになっています。

地域包括支援センターは、民間業者に委託される場合も多くありますが、基本的に自治体の業務時間と一致しています。そのため残業の少ない職種になっています。勤務時間はおよそ午前8時30分から午後5時までとなっており、残業や休日出勤はほとんどありません。緊急に呼び出されることもありますが、プレイベートの時間はかなり確保できる仕事と言っていいでしょう。未経験者や看護師としてブランクのある人なども就職することが可能です。必要なのは基本的には看護師の資格だけです。老人保健施設や介護などの業務にかかわっていた人は有利ですが、主に人物重視とされており、周囲のスタッフと協力して仕事ができる人かどうかで就職の成否が決まります。求人の数も増えつつあり、ハローワークなどに数多くの求人が寄せられています。

地域包括支援センターに強い看護師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
ナース人材バンク 無料 全国対応 株式会社エス・エム・エス 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社エス・エム・エス






Copyright (C) 2013-2018 地域包括支援センター看護師求人ランキング All Rights Reserved.