地域包括支援センター看護師求人ランキング

TOP >> 地域包括支援センターFAQ >> 地域包括支援センターの看護師の転職に優位になる資格は?

地域包括支援センターの看護師の転職に優位になる資格は?

看護師資格を利用して、地域包括センターへ転職を目指す方は非常に増加している傾向が見られます。近年看護師資格を利用した転職でも、人気が高く、転職市場が賑わっている状況が見られます。より良質な地域包括センターの案件と巡り会うためには、アドバンテージになる資格を取得しておくということも、有効な方法と言えるでしょう。

まずはケアマネージャーという資格です。受験資格は、保健、医療、福祉の分野における国家資格を有しているもの。もしくは、これらの分野において、5年以上、900日の実務経験を有している人間となっています。国家資格の場合では、医師や歯科医師、薬剤師や助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、視能訓練士、義肢装具士、言語聴覚士、あんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、精神保健福祉士、栄養士、介護福祉士、社会福祉士、保健師となっています。

ケアマネージャーの資格というのは、何気に難しいということで知られています。合格率は15パーセントを切っているような状況ですから、相当に本気になり、やる気を出して資格取得のための勉強をしなければ、合格することは難しい資格だとされています。しかしながら、だからこそ合格をすれば、採用者側にとってみると、評価が高くなるとも言えるのです。

上記のような資格を看護師資格にプラスして、何かしらを持っていると、かなり優遇されることになるでしょう。この中でも、やはり保健師としての資格を有していると、地域包括センターでの仕事の幅は広がっていくことになるでしょう。仕事に対してのやり甲斐というものも高くなる上、給与の面でもそれが考慮されることになります。病院の看護師の給与と比較して、地域包括センターの給与は低いですが、保健師の資格を有していれば、少しは近づくことができると言えるのです。

他にも介護福祉士や、社会福祉士、福祉住環境コーディネーターなどの資格を有していると、転職の際にはかなりアドバンテージをもつことになるでしょう。こういった看護師以外の資格を有していることで、ナースフルなどの転職支援サービスサイトなどを利用した場合には、かなり多くの案件を紹介してくれることになりますし、年収面の交渉も強く行ってくれることになりますから、看護師資格しか持たない人間よりも、さまざまな面で優遇されることになります。また、業務上必須でもっておきたい資格としては、普通自動車免許は必須となりますから、覚えておきましょう。

地域包括支援センターに強い看護師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
ナース人材バンク 無料 全国対応 株式会社エス・エム・エス 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社エス・エム・エス






Copyright (C) 2013-2018 地域包括支援センター看護師求人ランキング All Rights Reserved.