地域包括支援センター看護師求人ランキング

TOP >> 地域包括支援センターFAQ >> 地域包括支援センターの看護師のやりがいは?

地域包括支援センターの看護師のやりがいは?

地域包括支援センターは、2005年の介護保険法の改正で制定された地域住民の保健や福祉の向上、虐待防止、介護予防マネジメントなどを総合的に行っていく機関で、各自治体が設置しています。その地域に済む高齢者福祉の相談窓口として機能しています。保健師や社会福祉士、ケアマネージャーなどが配置され、高齢者やその家族のサポートを行っています。

地域包括支援センターで看護師として働くメリットとして挙げられるのは、公務員に準ずる待遇が受けられるという点です。自治体が民間企業に委託することもありますが、基本的に日勤のみで、土日祝日は休み、有給休暇の取得率も高く、年収も400万円以上などの待遇です。病院勤務に比較すると多少収入面では見劣りしますが、それでも夜勤もなく休日出勤もほぼないというのは魅了でしょう。しかし、実際にセンターで働いている看護師が魅力として挙げる主要なものは、待遇よりも仕事のやりがいです。地域包括支援センターでの看護師の仕事は、利用者の抱えている問題を、介護だけでなく健康管理や経済的な視点から見つめて、問題をひとつずつスタッフや関係機関との連携を取りながら解決していくことです。

ここにやりがいを見出す人が多くいます。地域の人のために問題を対処し、それを解決していくことで達成感が得られるというのが最大の魅力と語る看護師は数多くいます。こういった達成感は病院勤務の看護師では味わえないという意見が多く聞かれます。病院とは違って、医療にも介護にも行政にも関わりを持つ仕事であるため、広い視野を持つことができるという点もやりがいを感じやすいと言えるでしょう。

地域包括支援センターの看護師は、介護予防サービスを企画立案し、高齢者とその家族からの相談に対応していきます。直接患者さんにケアする病院勤務とは異なりますが、病気なら医療、介護なら介護サービス。生活支援なら社会資源の活用など、多職種と連携していくことになります。それだけやりがいも高いと言えるでしょう。地域に住む人の生活はそれぞれに個性があって、一見すると介護の問題であるなかに生活自体の困窮問題があったり、公的な支援だけでは解決が難しい事案があったりしますが、そのなかで利用者のその人らしい暮らしをどうやって支援するのか、そのためにどの職種とどういう連携を図ったらいいのかなどを柔軟に迅速に対応していきます。社会性が高く、地域に貢献できるという点が地域包括支援センターの看護師の業務のメリットです。

地域包括支援センターに強い看護師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
ナース人材バンク 無料 全国対応 株式会社エス・エム・エス 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社エス・エム・エス






Copyright (C) 2013-2018 地域包括支援センター看護師求人ランキング All Rights Reserved.