地域包括支援センター看護師求人ランキング

TOP >> 地域包括支援センターFAQ >> 地域包括支援センターの看護師の自己PRは?

地域包括支援センターの看護師の自己PRは?

地域包括支援センターの看護師は、介護を必要とする人のサポートや医療業務を行う一般的な看護師とは異なり、要支援の認定を受けた高齢者が介護や医療を必要としないように予防を行う看護師です。まだ広く知れ渡ってはいませんが、この先団塊の世代が高齢化されると必要になってくる施設のため今注目を集めている職種でもあります。求人数はそこまで多くないですが、看護師として多様な働き方ができるためある程度競争率が高いようです。特にお年寄りが多い地域ではこれから求人数が増えることが予想されるため、看護師の転職を考えている人は今のうちから地域包括支援センターの看護師としてスキルを上げておくのもいいでしょう。

地域包括支援センターの看護師は、看護師の資格はもちろんケアマネージャ(介護支援専門員)の資格を有している必要があります。ケアマネージャーの資格は誰でも取得できるわけではなく、対象者が規定の従事期間もしくは従事日数に達している場合のみ試験を受ける資格を得ることができます。対象者は医師や看護師、保健師、薬剤師など病院に勤務する者から、社会福祉主事・ホームヘルパー2級研修修了者などさまざまな職種が対象となっています。看護師の場合従事期間が5年以上、従事日数が900日以上に達していればケアマネージャーの受験資格を得られます。

地域包括支援センターは病院に比べて勤務の負担が軽減し、基本的には9時〜17時までの勤務なのでプライベートと仕事を両立させやすいです。そのため看護師としてのブランクがあっても転職しやすくなっており、潜在看護師の方には特におすすめできる職場となっています。

地域包括支援センター看護師の自己PRは、過去の看護師や准看護師の勤務経験やケアマネージャーの資格の保有などが効果的です。直接医療に携わることはほとんどないので、高度な医療技術をPRするよりもこれまで高齢者の看護や介護の経験があるのかを伝えておくことが大切でしょう。また地域包括支援センターの看護師は高齢者の手助けをするだけではなく、地域の医療機関と連携した対応を取っていかなくてはいけません。調整役、相談役としての業務も増えるため、技術や知識だけではなく高いコミュニケーション能力があると重宝されるでしょう。

地域包括支援センター看護師の自己PRは上記の通りですが、地域包括支援センターに限らず、体に支障がある方を介護するため看護師は臨機応変に対応出来る能力がなくてはいけません。地域包括支援センター看護師の自己PRは試験前に念入りに考えておきましょう。

地域包括支援センターに強い看護師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
ナース人材バンク 無料 全国対応 株式会社エス・エム・エス 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国対応
  • 運営会社
  • 株式会社エス・エム・エス






Copyright (C) 2013-2018 地域包括支援センター看護師求人ランキング All Rights Reserved.